スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
INO HEAD PARK O-EAST 3
ステージは暗く、ヒーリング音楽みたいなものが流れていました。
下手アンプ裏(横)の階段を赤い光が上って行きます。
よくみるとその上には「INO HEAD PARK」とピンクの文字が流れていまして、
あ、JO:YAさんではないですか。
JO:YAさんだけスポットライトが当たって何が始まるのかと思ったら
「昔々、あるところに一人のお姫様が党の中でいちごのショートケーキを食べながら暮していました。」
は???朗読???
厚い本を開きながら落ち着いた声で語るJO:YAさんに思わず大爆笑{花火}
ここからは物語の内容だけ…
お姫様は呪いをかけられ、誰かからのキスを受けるまで、眠りがさめません。
しかもその塔は「火を吹くマイクマン」が行く手を阻みそう簡単には登れません。
そこに、「{いちご}イチゴマン{いちご}」という二人組みがやってきまして、
「火を吹くマイクマン」を倒し、お姫様にキス{ハート}
お姫様は目覚めます。
そして、お姫様はその「イチゴマン」二人に恋をしてしまいます。
しかし、「イチゴマン」は世界を幸せにするために今日も何処かへ…。

まあ大体こんな感じでした。おそらく元ネタは眠れる森の美女かと。
「あなたのもとにも、イチゴマンが現れますように。」
とJO:YAさんの朗読が終るとなんとも不思議な音楽が…
照明もつきそこに現れたのは
大きな「イチゴのショートケーキ」!!(ただし作り物)
な、なんか動く二つの大きなイチゴがあるんですけど…
と考えるまもなく飛び出してきたのは

…誰???…
赤いつなぎに身を包み、頭にはイチゴの被り物。
頬には真っ赤な丸。手はミッキーマウス。
下手の人…あぁぁぁぁああ!!スッシーではないですか!!!
っていうことは上手、見覚えのあるクロスのペンダント…
TAKUYAさん!!!?

ということで「イチゴマン」のオンステージスタート!{いちご}

Vo.イチゴマン(TAKUYA & スッシー)
Gt.JO:YA
Gt.KAZUKI
Ba.でーひー
Dr.SHIMO-3

なんですか、イチゴマンたちの満面の笑顔!!
仮面の下はいつもあんな笑顔だったんですね~。
下手のギターはJO:YAさんだったのですが(かっこいい~~っ{ラブ})
上手で見慣れない黒い短髪のお兄さん(勿論仮面着)がギターを弾いてたのですが、
よぉく見るとアノ仮面って…マイクマンの知り合いのKAZUKIさん!

→4に続く
スポンサーサイト
【2005/10/02 16:50】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<INO HEAD PARK O-EAST 4 | ホーム | INO HEAD PARK O-EAST 2>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kerokerokeron.blog57.fc2.com/tb.php/5-a0222bcd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。